INTRODUCING COMPANY紹介企業

  • LINEで送る

業界

日本ロレアル株式会社
日本ロレアル株式会社ロゴ

日本ロレアル株式会社(NIHON L'ORÉAL K.K.)

企業情報

日本ロレアル株式会社は、世界の化粧品業界のリーダーであるロレアルグループの日本法人としてビジネスを展開しています。数々の強力なグローバルブランドを展開し、日本市場でも確固たる地位を築いています。
ビジネスに対する情熱、革新性、創造性を分かち合い、日本におけるロレアルグループの発展に貢献し得る人材を育成することを、非常に重要であると考えています。これからの更なるビジネスの成長を実現できる想像力溢れるキャリアの方からの応募をお待ちしております。

会社概要

設立 1996 年 7月 1日
代表者 代表取締役社長 ジェローム・ブリュア (Jérôme BRUHAT)
所在地 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー (受付 16階)
資本金 187 億 5 千万円
従業員数 2,500名
事業内容 化粧品の輸入・製造・販売およびマーケティング

コンサルタントからの
おすすめポイント

日本ロレアル株式会社(NIHON L'ORÉAL K.K.)は、化粧品の輸入・製造・販売・マーケティング事業を展開しています。東京都新宿区に本社が置かれ、約2,500人の従業員が在籍しています。

フランスのロレアル社を中心にしたロレアルグループは、世界最大の化粧品会社として世界140ヵ国で事業を行っています。日本におけるビジネスは1963年に始まりました。「すべての人生に、美しく生きる力を。世界を日本へ。日本を世界へ。」という企業理念を掲げている日本ロレアル株式会社。世界のロレアルグループが提供する製品の中から日本市場に合ったものを導入するだけでなく、日本発のアイディアをもって開発された製品やサービスをアジアへ、そして全世界に向けても提供しています。

日本ロレアル株式会社は、女性が活躍できる企業として成長するため、オフィススタッフ、美容部員それぞれの勤務形態に沿ったサポートを行っています。その結果、産休・育休明けの復職率が約93%、2006年から10年間でマネージャー職についている女性が2.5倍に増えるなど、女性にとって働きやすい環境となっています。また、「ロレアル - ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を主催し、若手の女性科学者への支援を行うなど、社会全体として女性進出の支援にも積極的に取り組んでいます。

求人情報

  • 現在こちらの企業の公開求人は
    ございません。

無料オンライン登録
非公開求人ご案内

ご希望の条件などによってご案内できない場合もございます。

全体の約80%は非公開求人
当社だけがご紹介できる
特別な求人も多数

ISSコンサルティングは「優良な外資系企業」と強いネットワークがあり、当社だけがご紹介できる求人案件を多数取り扱っております。 求人サイトに載っていない「非公開求人」を含む、幅広い求人をご経験に合わせてご紹介させていただきます。

公開求人20%、非公開求人80%

転職支援サービスへのお申し込み

無料オンライン登録

その他の新着求人から探す

インタビュー

  • 『ビジネスをドライブするマーケティング』Vol.1

    日本ロレアル株式会社

    アクティブ コスメティックス事業部
    事業部長

    楠田 倫子

    日本ロレアル株式会社||アクティブ コスメティックス事業部 事業部長||楠田 倫子氏

    日本ロレアル、ビジネスをドライブするBrand Marketingの仕事−「すべての人生に、美しく生きる力を。世界を日本へ。日本を世界へ。」という企業理念をもつ日本ロレアル株式会社。革新的な製品と高品質なサービスで、お客様の美に対するさまざまなニーズや願いにお応えし、美を通じて心豊かに自信を持って生きる力を提供しています。アクティブ コスメティックス事業部 事業部長 楠田倫子氏に、事業戦略・会社の魅力についてお話をお伺いしました。

  • 『ビジネスをドライブするHRビジネスパートナー』Vol.3

    日本ロレアル株式会社

    人事本部 シニアマネージャー
    燗 愛美

    日本ロレアル株式会社||人事本部 シニアマネージャー||燗 愛美氏

    「日本ロレアルのHRBPは、ビジネスと個人のWin-Winをつくる仕事」ービューティービジネスのグローバルリーダー「ロレアルL'ORÉAL」。革新的な製品と高品質なサービスで、お客様の美に対するさまざまなニーズや願いにお応えし、美を通じて心豊かに自信を持って生きる力を提供しています。人事部シニアマネージャー燗愛美氏に、人事ビジネスパートナーという仕事・会社の魅力についてお話をお伺いしました。

その他業界のインタビューを見る

セミナーレポート

マーケティングキャリアセミナー

『全ての人が美しくありたいと願っている。
その願いを叶え、手助けすることが私たちの使命です』

日本でのビジネスを展開し始めて今年で50周年を迎えるロレアルはグローバルNo.1 化粧品企業であり、27ブランドを展開、611の特許を有しています。世界展開としては130カ国、7万人規模の社員を有し、40以上の工場、22の研究所を抱えて常にイノベーションとサービスを提供できるようにしています。ロレアルは、日本を常に戦略的に重要な拠点の一つとして重視しており、御殿場に工場を、溝の口にリサーチセンターを置いています。
ロレアルでは、常に変化にとんだエキサイティングな体験ができ、創造性やイメージを膨らませる刺激があります。また、道を切り開くような起業家精神、ベンチャー精神、オーナーシップ精神を要し、ビジネスリーダーとしての更なる成長が期待できる環境を目指しています。

第一部:日本発信のグローバルマーケティング戦略

日本ロレアル株式会社 シュウウエムラ インターナショナル メイクアップ マーケティングマネージャー 辰野 めぐみ氏

講師:日本ロレアル株式会社
シュウウエムラ インターナショナル メイクアップ マーケティングマネージャー
辰野 めぐみ氏

慶應義塾大学卒業後シュウウエムラ化粧品株式会社ヘ入社。2年後にロレアルグループへシュウウエムラが加入。マーケッターとして仕事のやり方がグローバルに変化していく流れを体感。その後、ロレアル中国駐在し、シュウウエムラ中国上陸に携わる。またフランス本社ビオテルム事業部、日本ロレアル通販ビジネスのマーケティングのマネージャー経験を経て、2011年から現職のシュウウエムラ インターナショナル メイクアップ マーケティングマネージャー。
辰野氏インタビューはこちら>

第一部では、『日本発信のグローバルマーケティング戦略』というテーマで、日本発のプロフェッショナル・メイクアップアーティストとしてのポジションを、確立しつつあるシュウウエムラのメイクアップ マーケティングマネージャー辰野氏に、アイデンティティを生かして日本から世界に発信するマーケティングにどう取り組んでいるかを、2012年に発売して大成功したアイシャドウパレットの開発段階からプロモーションまでの実例を示しながらお話しいただきました。
「(シュウウエムラ マーケティングでは)商品開発ではサイエンスに近いことをしますし、アートの部分も大きい。また、プロモーションの細部をどう楽しむかということも考えます。言うなればダイバーシティのオーケストレーションのような部署で、私たちはシナジーを生み出すためのお手伝いをしているのだと考えています」

マーケティングセミナーレポートをご覧になりたい方は
まず無料登録をお願いします。

オンライン登録

第二部:【ケーススタディ】ランコム 〜ファンデーションブランド強化を目指して〜

講師:日本ロレアル株式会社 ランコム 副事業部長 都築 誠也氏

講師:日本ロレアル株式会社
ランコム 副事業部長 都築 誠也氏

一橋大学を卒業後、外資化粧品会社へマーケターとして就職。4年の経験後、ロレアルへ入社。入社後はランコム事業部にてスキンケア、メイク、フレグランスのプロダクトマーケティングに携わり、4年目にマーケティングマネージャーへ。その2年後に現在のランコム副事業部長のポストへ就く。本人の希望もあり、ランコム一筋でキャリアを積んでいる。

第二部では、ランコム 副事業部長 都築氏を講師として、ランコムの看板商品「タンミラク」というリキッドファンデーションの発売に際し、商品を開発し市場に出すために、どのようなマーケティング活動が行われたのかを、発売前の準備段階を中心とした実例を使ってケーススタディが行われました。
参加者の多くは、グローバル企業でのマーケターとしての活躍を目指す20代から30代のビジネスパーソン。参加者の表情は真剣で、開始直後から熱心にメモをとる姿が数多く見られました。第二部のケーススタディではもちろん、第一部から意見・質問が相次ぎ、休憩時間・セミナー後も講師を囲んでの意見交換が活発に行われ、更なるステップアップや自己成長を目指す参加者の強い意欲が感じられるセミナーとなりました。

マーケティングセミナーレポートをご覧になりたい方は
まず無料登録をお願いします。

オンライン登録

セミナー参加者の声: セミナー後アンケートから一部抜粋

参加者の多くは、グローバル企業での活躍を目指す20代から30代のビジネスパーソン。参加者の表情は真剣で、開始直後から熱心にメモをとる姿が数多く見られました。第二部のケーススタディではもちろん、第一部から意見・質問が相次ぎ、休憩時間、セミナー終了後も講演者のお二方、そして日本ロレアル人事の方を囲み、情報交換を行うなど、更なるステップアップや自己成長を目指す参加者の強い意欲が感じられる3時間となりました。

  • 本国パリの指示に従って仕事を進めるイメージがありました(自由度が低い)。お話を伺い、自由度が大きいのに驚き、とてもチャレンジングでエキサイティングだと感じました。
  • 講演されたお二方とも、ロレアルグループにおいて日本ロレアルで働いていることに誇りをお持ちなのが伝わってきて、大変感銘を受けました。かなり具体性のある内容で参加させていただきイメージがより具体的な理解につながりました。
  • 具体的でわかりやすかった。ブランドごとの特長(ちがい)、ひいてはロレアルの特長("ジャパン"でもイニシアティブをとれる)がわかってためになりました。
  • もっと本国主導なイメージだったので、いい意味でlocalize/globalizeされているのだな、と自社と比較し、うらやましく感じました。
  • セミナーで良くありがちなのは、confidentialな情報が多いからか、せっかく聞きに行っても本当にあたりさわりのない話ばかりでつまらないということ。今回はそういったセミナーではなく、一つ一つの質問にも丁寧に答えてくださり、とても面白い内容でした。
  • どういうmentalityやmindを持って仕事をされているのか、プレゼンを通して感じられました(passionを感じた)
  • 論理と感性の両者のバランスを大切にした社員の方々のプレゼンテーション力に圧倒されました。
  • 日本の裁量が大きいという点が意外だった。日本のアイデンティティを重視しているという話も初めて知った。

転職のご相談、求人応募・お問い合わせには、
まず無料登録をお願いします。

オンライン登録

Arrow