INTRODUCING COMPANY紹介企業

  • LINEで送る

業界

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ロゴ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(Johnson & Johnson)

企業情報

私たちジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康こそが豊かな人生の基盤であり、地域社会の繁栄と、発展を促す原動力であると考えています。 この信念に基づき、130年を超える長きにわたり、私たちはすべての世代の、人生のあらゆる段階の人々の健康を支えてきました。今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、私たちのこころと科学の力、画期的な発想力を融合させ、ヘルスケアを飛躍的に進化させるべく取り組んでいます。日本では1961年に事業活動を開始。ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、ヤンセンファーマ株式会社の2社で構成されています。

会社概要

設立 1978年8月
代表者 代表者 代表取締役社長 玉井 孝直
代表取締役(コンシューマー カンパニー) 鶴見 晃二
代表取締役(メディカル カンパニー) 玉井 孝直(兼任)
代表取締役(ビジョンケア カンパニー) 森村 純
所在地 東京都千代田区西神田3-5-2
事業内容 総合医療・健康関連用品の輸入・製造販売
資本金 80億円

コンサルタントからの
おすすめポイント

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、世界60ヵ国、250以上のグループ会社から構成される、世界最大級のヘルスケアカンパニーです。歴史も古く、起源は1886年までさかのぼります。傷の治療に使われる滅菌された縫合糸や包帯を皮切りに、多くの革新的な製品やサービスを提供してきました。

日本国内では、1961年に事業活動を開始し、1978年に日本法人であるジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が設立されました。2017年時点で、2,394名の従業員が在籍しています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、社内カンパニー制が採り入れられており、3つのカンパニーがあります。「コンシューマー カンパニー」では、救急絆創膏の「バンドエイド」、マウスケアの「リステリン」のほか、ベビー用品などを扱っています。「メディカル カンパニー」では、最新の医療機器、医療関連製品の輸入・製造販売を行っています。「ビジョンケア カンパニー」は、世界初の使い捨てコンタクトレンズの「アキュビュー」などを手掛けています。また、ヤンセンファーマ株式会社はジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)グループの一員として、新薬の開発など医療用医薬部門を担っています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンには、「我が信条(Our Credo)」と呼ばれる経営理念があります。これは、1943年、3代目社長のロバート・ウッド・ジョンソンJrが、会社の社会的責任を記したものです。以来、同社では、この「我が信条」を行動の規範としています。人の生死に関わる仕事もあるため、ジョンソン・エンド・ジョンソンで働くには強い責任感が必要となります。その一方で、患者や顧客の役に立ったとき、大きなやりがいや喜びを感じることができるでしょう。多様なキャリアを積めることも大きな魅力です。

求人情報

  • 現在こちらの企業の公開求人は
    ございません。

無料オンライン登録
非公開求人ご案内

ご希望の条件などによってご案内できない場合もございます。

全体の約80%は非公開求人
当社だけがご紹介できる
特別な求人も多数

ISSコンサルティングは「優良な外資系企業」と強いネットワークがあり、当社だけがご紹介できる求人案件を多数取り扱っております。 求人サイトに載っていない「非公開求人」を含む、幅広い求人をご経験に合わせてご紹介させていただきます。

公開求人20%、非公開求人80%

転職支援サービスへのお申し込み

無料オンライン登録

業界厳選求人

その他の新着求人から探す

インタビュー

  • ビジネスをドライブする「HRビジネスパートナー」Vol.5

    ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

    日本法人グループ 人事部 HRヘッド コンシューマー 北東アジア
    西川 絵里

    ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社||日本法人グループ 人事部 HRヘッド コンシューマー 北東アジア||西川 絵里氏

    HRの仕事は社員一人ひとりの中にある魅力を引き出すこと ー 世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力するジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(Johnson & Johnson)。日本法人グループ 人事部 HRヘッド コンシューマー 北東アジア 西川絵里氏に、ビジネスをドライブするHRBPの仕事、会社の魅力についてお伺い致しました。

その他業界のインタビューを見る

メッセージ

担当コンサルからのコメント

株式会社アイ・エス・エス・コンサルティング コンサルタント 石塚 裕 氏

株式会社アイ・エス・エス・コンサルティング
コンサルタント

石塚 裕

新卒で光学機器メーカーに入社し、医療機器の技術サポートエンジニアとして6年間勤務した後、人材紹介会社に転職、人材コンサルタントにキャリアチェンジする。 2000年にISSコンサルティングに転職し、メーカーやIT/コンサルティング業界の担当を経て、2013年よりヘルスケア業界担当コンサルタント。

本ポジションの魅力

ジョンソン・エンド・ジョンソンが求める能力の基準ははっきり言えば高いです。しかし求められる能力の基準が高いからこそ、成長意識が高くやりたいことが明確な方にとっては素晴らしく働きやすい企業です。一般的な企業では、3年後や5年後に「こうなりたい」という将来像を描いたとしても、実現することが難しい場合がしばしばあります。しかし、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、どのカンパニーであっても、成長意欲と必ず向き合ってくれます。

また、世界で最も高齢化が進んでいる日本のヘルスケアを変える仕事に取り組むことは、あなたの仕事が世界で最初の取り組みとなることもありえるということです。世界が歩む道をつくることができる、そんなダイナミックな仕事に取り組めることも本ポジションの魅力です。業界経験よりも成長意欲を重視して採用活動をされているので、未経験の方でも遠慮なく体当たりで挑戦して欲しいですね。

カルチャー・社風

ダイバーシティとリーダーシップに重きを置いていらっしゃる印象が強い会社です。オフィスにお邪魔すると、様々な年齢、性別、国籍の方がいらっしゃいます。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、あえて異なるバックグランドを持つ人材を雇われています。イノベーションが、ダイバーシティから生まれることを今までの経験でご存知なのかもしれません。

異なるバックグランドを持つ皆さんとコミュニケーションをとりながら仕事を進めるということは、バリエーションにとんだ意見を取りまとめながら仕事を進めていかなければならない、ということです。そのため、社員にリーダーシップが強く求められるのだろうと感じますね。

今後の展望・将来的なキャリアパス

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、一般消費財を作っているイメージが強いですが、売上をみると、医薬品や医療機器の事業が主力です。一つの病気に対して薬、医療機器など複数のアプローチができることも、トータルヘルスケアカンパニーのジョンソン・エンド・ジョンソンだからこそできることです。

また、キャリアについても多様性を推進していらっしゃるのも特徴です。社員が求めているビジネスキャリアというのは、人それぞれ異なります。昇進することだけをキャリアだと考えている人ばかりではなく、現場のプロとしてアウトプットを出し続けることで、定年まで働き続けたいと考える人もいらっしゃいます。キャリアの方向性は、個々人のライフイベントによっても変化します。その変化に応じて今後どうすべきか、一緒に考えてくれるのも働きやすい企業文化の1つですね。入社後、将来のキャリアに迷った場合でも、転職をせずとも社内で様々なキャリアパスを歩むことができるのは、ジョンソン・エンド・ジョンソンならではだと思います。

業界の他
の企業を見る

業界の企業一覧

転職のご相談、求人応募・お問い合わせには、
まず無料登録をお願いします。

1分で登録完了転職サポートお申込み

SNS

企業インタビューやセミナー
業界転職情報をお届け!

Arrow