INTERVIEW
企業インタビュー

 企業インタビュー
SAPジャパン株式会社 

その他 SAPジャパン 「日系企業出身」特集 社員インタビュー Vol.1

SAPジャパン株式会社

今、SAPビジネスに携わるということは、グローバルで活躍するプロフェッショナルグループの仲間入りをすることを意味します。

Change yourself, Change the world at SAP.
SAPで自分を変え、仕事を通じて世界を変える。ともに歩み始めませんか。

 SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPソリューションは、世界的に認知が高く、世界的規模の数多くの企業をサポートしています。世界中のビジネスプロセスの50%以上は、SAPシステムに関わりがあるといわれています。そして、そのシステムは、多くの企業や政府組織にとって、いまや必要不可欠の存在となっています。
  今、SAPビジネスに携わるということは、グローバルで活躍するプロフェッショナルグループの仲間入りをすることを意味します。

 大手といわれる日系企業からSAPジャパンへと転身し、グローバルで活躍するプロフェッショナルグループの一員として活躍されているSAP社員の方々のインタビューをご紹介します。

公開日:2012年8月6日
(インタビュー実施時の御所属・役職名にて
記載させて頂いております)

日系企業から転職をする際のきっかけ・動機は何でしょうか?

「前職時代、お客様のところへいくとSAPというキーワードが出てくる機会が多く、興味をもっていました。」

「外資系企業という環境で、自分の力を試してみたい、挑戦する機会がSAPにはあると感じて。」

「SAPの最新技術に触れながら、自身のキャリアを築いていけたらと考えてです。」

it_022_01_01「日系の保守的な会社で、年功序列社会というか、決められた枠のなかでの仕事に違和感があり、そこから出たいという気持ちの方が強かったので不安はなかったです。」

「元々は保守的な性格です。 一度お誘いをお断りしているのですが再度誘っていただき動きました。外資系だったので、正直“不安”はありましたが、前職で仕事をしている時でもSAPの凄さは言われていたので、“挑戦したい”という気持ちの方が強かったですね。」

「SIerの現場でプロジェクトをやっていましたので転職とかを考える間もなく過ごしていた時に、知りあいから紹介されたのがきっかけです。それは「縁」というのかもしれません。話を聞くとSAPの最新技術と今後伸びていく分野ということで興味を持ちました。プリセールスから、マーケティングという広い視野でのキャリアを展望できるような気がして決めました。次第に興味が湧いてきて、自然に決めた。という感じですね。」

SAPという環境で実際に仕事をして、感じていることは何ですか?

it_022_01_02「最初、自分の力を試すことができるという意気込みで入社しました。イメージ的には、商社モデルのように、一人でプランを立て一人で対処していく、お客様に対して一人ですべて実行していくと思っていました。SAP製品のこともまだわからなくて困った状況だったのですが、自分がしっかりとプランを持ってお客様に話をしていくことで、まわりに助けてくれる人が多くいることに気づきました。「セールスサポート」が重要視されています。組織体系も含めて日系との違いを感じ、営業がしやすい環境というのを一番に感じましたね。」

「本音でいうと、入社してからすぐは辛かったです。前の会社は「温室栽培」みたいところがありましたので、「やってやるぜ!」という意気込みで入社したのですが、実際は、周りが助けてくれるわけではなく、製品も知らないし、営業ということもわからない、英語もできないという環境でした。「何をすればいいのかわからない」という状態でしたが、それでもあきらめずに、一歩ずつ自分のことをしていくと、先ほどのお話にもでていたように、まわりに助けてくれる人ができ、少しずつ改善されていきました(劇的ではなく徐々に)。」

「アカウントプランニングという仕事は、お客様のプロファイルを確認し、課題を分析、SAPのメッセージングを提案しながら、ソリューションのラインアップや協業先との実現例を提示しつつ、スケジュールを組みながら、お客様の誰にどんなアクションをしていくかを、まず自分で考えます。そして、資料に落として、社内(上司・プリセールス)への説明を進めていくのですが、最初の頃は、社内で常に指摘されていました。「その提案内容は、ただの自己満足になっていないか」とまで言われたこともありました(苦笑)。自分のなかで考えた戦略を立て整理した内容を資料に落として説明するというのが、厳しく問われる仕事です。ですので、そのサイクルをやり切るのは、限られた人しかいないぐらいに難しいことだと思っています。」

「SAPという会社は非常に分業化が進んでいるので、その分業されている部分をどのように協業させていくか(コラボレーションしていくか)というところに最初は戸惑いました。役割も理解しながら、誰が何に強いのかを考え、自身でプランニング、ディレクションしながら進めていくというのに初めの半年~一年ぐらいは苦労しましたね。」

日系企業にいたときと大きく違う点は何ですか?

it_022_01_03「具体的な成功事例でいうと、全くSAPを使っていなかった、パッケージも使用していなかったお客様に対して、SAPのERPを提案しグローバルですべての業務に使うというモデルが採用され、お客様の経営へのインパクトも相当な変化を与えるビジネスを経験できているというところです。お客様側も経営層を巻き込んで進めていきます。事業への関わり方の規模・深さが違います。」

「日本の会社でいうと、自分が“担当”の場合、相手先も担当レベル。先方が課長の場合は、こちらも「課長」という習慣性がありますよね。SAPは、お客様の社長とお会いする時も絶対に営業が誰をアレンジするかを考えて、営業にその決定権が持たされています。裁量権も大きくて責任も大きいです。」

今までのご経験で活かせると感じたところはありますか?

「元々SIerで、お客様の悩み・課題を聞いて、どういうアプリケーション、ハードを使えばいいかというコーディネートをしていました。SAPが扱う商品は、最近5年ぐらいでかなり増えてきています。最初はERPだけと思っていたのですが、それ以外に商品テイストが増えてくると、お客様の課題を聞いて、どうコーディネートしていくか、というのが重要となってきます。その点で、前職で培ったコーディネート力が活かされますね。外資ということで、共通語は英語なので大変なところもありましたが、考えや進めていくことに変わりはないです。」

SAPではどんなタイプの人が活躍されていますか?

「外資系とかは関係なくて、基本的な部分、“頑張り続ける”“あきらめない”“思いやりを持って接する”“礼儀”など、当り前のことをしていれば、絶対に支援してくれる人やサポートをしてくれる仲間がまわりにでき、そのうちに活躍できると思っています。」

<SAPへ興味を持っている、応募したいと思っている方々へのメッセージ>

「SAPで働くと、市場で評価される力が身につきます。意思、やる気、しっかりした目標がなければ難しい環境です。目標があれば、好きなようにできる環境は揃っていて「やりたいことができる会社」です。」

SAPジャパン株式会社 注目求人はこちら

「SAPジャパン株式会社」特集 vol.02はこちら

SAPジャパン株式会社

日系企業から転職をする際のきっかけ・動機は何でしょうか? 「前職時代、お客様のところへいくとSAPというキーワードが出てくる機会が多く、興味をもっていました。」 「外資系企業という環境で、自分の力を試してみたい、挑戦する...

IT・通信業界の新着求人を見る

IT・通信業界の新着求人を見る

転職のご相談、求人応募・お問い合わせには、
まず無料登録をお願いします。

無料オンライン登録

Arrow