転職エージェントと転職サイト(求人サイト)の違い

転職エージェントと転職サイト(求人サイト)大きな違いは直接応募か間接応募かになります。

  • 転職エージェント

    企業から求人案件をあずかり、
    採用決定までのプロセスの間に
    すべてコンサルタントが介在します。

  • 転職サイト(求人サイト)

    企業が直接求人を載せ、登録者は
    応募をすると企業と直接連絡を
    取り合うようになります。

転職サイト(求人サイト)に登録すると、企業の採用担当者から直接スカウトがくることもありますので、転職エージェントから応募するよりも、ミスマッチが少ないかもしれません。

求人案件の量に関しては圧倒的に転職サイト(求人サイト)のほうが多いです。理由は企業が支払う費用にあります。転職ジェージェントを企業が利用する場合は年収の30%前後の手数量を支払うことになりますが、転職サイト(求人サイト)の場合は求人広告の掲載費用だけになりるため、採用費用を抑えることが出来ます。また、広く一般にみられるため、多くの候補者を集めることができます。
一方で転職エージェントの場合は採用が決定した場合のみ費用が発生しますが、広告を掲載した場合は採用が決定なくても費用が発生します。
採用が難しいポジションは転職エージェントに依頼し、比較的応募が見込める案件は転職サイト(求人サイト)へ掲載する、という使い分けをしている企業もあります。

また、転職サイト(求人サイト)は企業の採用広告掲載による直接採用の支援がもともとの利用方法でしたが、最近では転職エージェントにデータベースを開放し、サイト登録者の活性化を図っています(※転職サイトに登録した人が希望者した場合のみ開放されます)。
転職サイト側は良質なエージェントの選定し契約を行い、エージェントへの指導なども行っていますので、どこの転職エージェントが良いのか決められないような場合は、転職サイトに登録し、エージェントのスカウトを受け、応募したいと思う案件を送ってくる転職エージェントに登録をしにいくことも出来ます。

また、転職サイト(求人サイト)には転職に関する情報が豊富に乗っています。転職エージェントであればキャリアアドバイザーやコンサルタントがアドバイスをしてくれますが、転職サイト(求人サイト)ではサポートがありません。代わりに役立つコンテンツを豊富にそろえ、サイト登録者の転職成功をサポートしています。

転職のご相談、求人応募・お問い合わせには、
まず無料登録をお願いします。

オンライン登録

Arrow