転職エージェントとは

転職支援として現在では様々なサービスが展開されています。それぞれのサービスの違いをご存知でしょうか。転職支援サービスは大きく分けて、登録型、サーチ型、アウトプレースメント型、転職サイト、があります。ISSコンサルティングは登録型の転職エージェントに分類されます。

一般的に転職エージェント言われるのは『登録型』『サーチ型』となり、厚生労働大臣から認可を受けた、職業斡旋を目的とした会社の事となります。

登録型 転職エージェント

登録型の転職エージェントは、自社のWEBサイトなどから、自社にご登録を頂き、その方に適した案件を紹介し、転職活動をサポートします。登録者は無料で利用することができ、転職エージェントは企業から手数料をもらいます。

サポートの内容は、以下のようなこととなります。

登録型 転職エージェントの主なサポート

  • エージェントとの面談
  • 求人情報の提供
  • 応募書類へのアドバイス
  • 企業との面接日時の調整
  • 面接対策アドバイス
  • 内定時の採用条件、年収調整

登録型の転職エージェントの中でも形態はいろいろありますが、大きな特徴からみると以下のように、担当者が分業されているか、同一の担当者の場合とがあります。

  • 登録者と企業側のコンサルタントが同一の場合
  • OR

  • 登録者はキャリアアドバイザーが担当し、企業側は営業が担当の場合

サーチ型 転職エージェント

サーチ型はヘッド・ハンティング会社となります。市場から求人にあった人材を探し出し、スカウトを行い、転職に結びつけます。最近では『登録型』の転職エージェントも大手転職サイトのデーターベースなどを利用しスカウトをすることが一般的となってきていますので、差異がなくなってきています。

本来のヘッド・ハンティングを行っているのは、エグゼクティブサーチとなります。
企業から依頼を受け、役員などの経営幹部の外部からのスカウトを専門とます。エグゼクティブサーチのコンサルタントは、担当する業界、分野で、幅広いネットワークおよび知見を持ち合わせており、元々その業界で経営幹部として活躍しているケースも多い。大手エグゼクティブサーチファームでは、MBAやそれに準ずる学歴をコンサルタント採用の条件としています。
報酬は、依頼をする企業の側が、数百万円から1千万円程度の金額を依頼料(リテーナーフィー)として支払った上で、紹介を受けた候補者の採用時に、当該候補者の年収の3割程度を成功報酬として追加で支払う形が一般的です(リテーナー式)。日本では依頼料無しの完全な成功報酬型(コンティンジェント式)の人材紹介もエグゼクティブサーチを名乗ることが多いですが、欧米では、リテーナー式でない人材紹介はエグゼクティブサーチに含まないことが一般的です。

アウトプレースメント型
転職エージェント

アウトプレースメント型は企業が人員整理、人員削減などを行う際に費用を支払い、退職者の再就職支援に利用します。利用者は再就職に対して必要な支援を無料で受けることができるます。応募書類の書き方、面接対策など。アウトプレースメント会社は独自での転職決定先を持たないことが多く、転職エージェントと提携し人材を紹介することも多くあります。

転職のご相談、求人応募・お問い合わせには、
まず無料登録をお願いします。

オンライン登録

Arrow