ISSコンサルティング採用情報

Case活躍する人の特徴

ISSコンサルティングで
活躍する人とは?

ISSコンサルティングでは、
誠実な対応をし、
意欲的に学び、経営に参画しながら、
いきいきと働く方が活躍しています。
ISSコンサルティングで活躍する方は、
例えば下記のような方々です。

  1. CASE1

    外資系大手IT企業 セールス
    30代前半 Aさん

    【学生時代】
    私立大学在学中、サークル活動に積極的に取り組む中で、人の繋がりが組織を大きく変えることを実感。就活は、コンサル会社よりも人にフォーカスできそうな人材ビジネスに絞る。日系よりも進んでいそうな外資系大手人材ビジネス会社に入社。人材紹介部門営業職に。
    【キャリア】
    持ち前のエネルギーと対人能力、人材ビジネスへの情熱で実績をあげ、20代でマネージャーに。しかし、このビジネスへの情熱の違う部下のマネジメント、会社からの強い数字のプレッシャーにストレス過多に。本来やりたかった仕事がしたい。30代前半、中堅の外資系の人材紹介会社へ転職し、コンサルタントに。人と直接かかわれて満足。しかし、会社から案件数を稼げないから“要領が悪い”と言われ、結局数字を求められる。候補者や企業とのコミュニケーションに時間を使いすぎなのか。しかし、そうなるとこの仕事の意味は何なのか・・・。
    【プライベート】
    転職の直前に同期と結婚し、現在共働き。今の会社は収入はよいが、このままでは大きなストレスを家庭に持ち込んでしまいそう。一体なんのために働いているのか。週末も1日は妻を一人にして近くのカフェでソーシングをして潰れる。妻も応援してくれるが、本当は休日に2人で電車旅行をして、知らない場所で知らない人と楽しく話をしたり、その土地の美味しい物を食べたり、電車のなかで何をするのか、2人であれこれ話をして楽しみたい。

    ISS Consulting

    私たちは、多くの人に会うことを大切にしています。キャリア・ビジネスのパートナーとして、候補者、企業にとっての最善を考えて行動することに全力を傾けます。

  2. CASE2

    外資系人材紹介会 コンサルタント
    20代後半 Bさん

    【学生時代】
    高校卒業と同時に海外大学へ。卒業後、就職活動は想像以上に厳しかった。ボストンキャリアフォーラムで人材紹介会社のことを知り、もともと人に興味もあったこと、普通の日本の会社では窮屈な思いをする、大きな会社には興味がないと思っていたため、多国籍な社員が多い人材紹介会社に就職を決める。入社時期がフレキシブルなのもよかった。
    【キャリア】
    会社ではほとんど英語。同僚はとてもOpenでFrank。人に寄り添い人生に関わるこの仕事は、充実しているし、自分に合っている。しかし、仕事へのプライドや、長期的キャリア展望を持つ人は、周りに少ない。みんな「稼げるからやっている」と言う。目の前の仕事に責任をもち一生懸命やってはいるが、将来、自分も周りと同じ様になるのか・・・。怖い。
     20代のいまなら、キャリアチェンジもできる。人材ビジネスがどこも同じなら、他の仕事を探すべきだけれど、人への興味は捨てられない。企業内人事は、今の経験だけでは採用担当が精いっぱいで、それではキャリアチェンジにはならない。外資系の人事系コンサルティング会社は経験がなく、おそらくSurvey担当になれるくらいだろうか。それでも今よりはましなのか・・・。
    【プライベート】
    休日に友達を家に呼んでHome Partyをすることが楽しみ。でも、周りがいきいき働いている様子を聞くと、少し落ち込む。身体と心?の健康のために、毎朝ランニングをしている。ひとりで、好きな音楽を聴きながら走る30分はとても大切な時間。リラックスできて、気持ちも切り替えられる。

    ISS Consulting

    私たちは、人材紹介のプロフェッショナルとして、質の高いサービスの追求・自己研鑽を続け、より価値ある仕事をしていきたいと思っています。

  3. CASE3

    人材紹介会社 コンサルタント
    40代前半 Cさん

    【キャリア】
    事業会社でマーケティングをしていた30代前半、経験を活かした別の仕事をと考え、転職活動を始めた。親身に対応してくれた人材紹介会社のコンサルタント。その仕事に興味を持った。これまで、「企業経営の成功は結局人によって大きく左右される」ことを目の当たりにしてきた。人と企業を繋ぐという意味では、マーケティングと同じ役割かもしれないと感じた。
    親身にしてくれたコンサルタントに相談し、その人材紹介会社に入社。自分が候補者と会社を繋ぐことがビジネスになり、しかもその両方から感謝される。この仕事は天職だと思った。
     より高いレベルを目指して転職をし、いまは3社目の人材紹介会社に在籍。?入社当時はとても満足していたが、会社が買収され、それまでとは大きく異なる環境、 KPIに追われるようになってしまった。最近ではほとんどの人材紹介会社が効率重視で同じことをやっていると聞く。
    ?このままでは人材紹介ビジネスが嫌いになってしまう。
    【プライベート】
    最近マンションを購入し、そのローンもあり、収入のレベルを落とすことはできない。都心から少し離れているが、利便性もよく景色もいい。近くの土手を愛犬と散歩するのは、なによりも大切な時間になりつつある。?親も年をとってきていて、面倒をみることを考えると、これから一から新しいことをするのは難しい。仕事を変えたいと思ったり、学生や、キャリアに困っている人のためのNPOも考えるが、折り合いがつかない。結局このまま我慢するしかないのか・・・。

    ISS Consulting

    候補者、企業ファーストが共通の価値観として徹底・実行されているので、効率性やKPIではなく、人と企業を繋ぐ仕事ができます。

  4. CASE4

    事業会社 法人営業
    30代前半 Dさん

    【キャリア】
    新卒でメーカーに就職し法人営業に。世の中に大きな影響を与える仕事がしたいと思い、B2B営業を志望した。がむしゃらに頑張り、顧客の信頼を得ること、大きな案件への参画ができるようになったころ、営業活動に自分の付加価値が必要だと考えるようになった。そこから独学で経営の勉強を開始。次第に、会社経営に直接影響を与える仕事をしたいと思うようになった。週末、ビジネススクールにも通い始めた。もちろん仕事も手は抜かない。

    ビジネススクール終了後、希望が通り、営業企画として本社で働けることに。本社の仕事は、多くの部署との折衝・コンプライアンス・そこで働く人の専門性の高さなど、営業だったころ想像していたものとは大きく異なる厳しさがあった。正直、ビジネススクールでの知識では太刀打ちできない。しかし、その間に様々な優秀な人たちと出会い、会社はこうした人たちで成り立っている、人の重要性を実感した。?経営に直結する人材に携わることができる仕事がしたい。次第に、人材紹介ビジネスに強い興味をもつようになってきた。もともと営業だったこともあり、個人に目標が課せられることには慣れているが、未経験でうまくやっていけるのか・・・心配だ。
    【プライベート】
    ビジネススクール時代の仲間と会って、ビジネス・経営に関する話、これからしたい事などを話をする時間がとても楽しい。彼らから多くの刺激を得て、ますますこれからの自分のキャリアを考える。これからの自分の人生をもっと楽しくしたい。

    ISS Consulting

    社員の多くが、人材ビジネス未経験で入社し、プロフェッショナルとして活躍しています。社員全員が経営に参画する一人として、お互い協力し合い、組織全体の向上のために尽力しています。

  5. CASE5

    事業会社 採用マネージャー
    30代前半 Eさん

    【学生時代】
    新卒で日系の中堅IT企業に入社。人事部に配属され、新卒採用担当に。本当はITエンジニアになるつもりだったと落胆したが、実際に仕事をしてみると面白い。学生と向き合い、選ばれる企業目指し試行錯誤する、仕事の魅力。私もそうだったが、それぞれの学生に事情や不安がある。それらを一つ一つ紐解いていくときにやりがいを感じる。しかし、リーダーになって2年目の終わりに社内異動辞令が。採用の仕事を続けていきたい。転職を決意。

    日系IT企業の採用マネージャーに転職。中途採用も担当に。とにかく結果を出すために、社内外の関係者と積極的に接点をもち、この会社で何をなすべきか、何ができるのかを模索した。中途採用は新卒採用とは異なる部分もあり戸惑うこともあったが、一人ひとりの候補者に向き合うという意味では同じで、やりがいがあった。しかし、だんだんと候補者と接する以外の業務が増えてきて、それが重荷に感じるようになってきた。自分が充実感を感じるのは、候補者一人ひとりと向き合い導きを行うことだと気づき、人材紹介ビジネスに魅力を感じるようになってきた。しかし、いまお付き合いのある人材紹介会社では一人ひとりの候補者を大切にしているようにはあまり見えない。なによりも数字目標の達成のために働いているように見える。人材紹介会社で働いて、本当に自分のやりたいことができるのだろうか・・・。
    【プライベート】
    来年小学生になる子供と夫の3人家族。仕事と家庭と上手く両立しようと、夫と協力しながら家事と育児に毎日奮闘中。子供が来年小学生にあがったら少し余裕ができそう。新しいチャレンジを始めるなら今がチャンスではないかと考えている。

    ISS Consulting

    私たちは、候補者の人生を大きく左右する仕事をしている責任があります。候補者に本当に寄り添うことを最優先し、中長期的な関係を続けています。

ISSコンサルティングへの入社希望の方

現在募集中のポジションはありません

More

Linked in 各種最新情報をお届け!

SNS

企業インタビューやセミナー
業界転職情報をお届け!

Arrow