• LINEで送る

外資系企業の勤務形態

外資系企業の勤務形態

外資系企業といっても日本国内に法人がある限りは日本の法律に従っていますから、勤務形態も当然法律に則った形で制度が作られています。それぞれの仕事のないようにあった形態がとられているのは日本企業と変わりません。
とはいえ、いかにパフォーマンスを高めるか、という観点から、フレックスタイム制の導入、フルフレックスタイム制の導入、テレワークの導入など、様々な勤務形態が導入されています。

例えばギャップ・ジャパン株式会社では夏季期間中の金曜日は毎週午前中でオフィスをクローズする「サマーアワーズ」をはじめとしたワークライフバランスに関する仕組みが働きやすい環境を作り出しています。
人事×経営 〜人事戦略を語る Vol.16

またレキット・ベンキーザージャパン株式会社の例をみますと、最近では育児休業を取得した従業員が100%復職しているとの事です。
これは復職後に以前と同じ勤務形態で働くことが難しい人もいることを考え、勤務時間をフレキシブルにしたりといったサポートをしていることも大きく関係しています。
成長する企業のビジネス戦略 Vol.20

最近目にしたドラスティックな改革ではユニリーバ・ジャパンの取組みがあります。
https://www.unilever.co.jp/news/press-releases/2016/WAA.html(外部サイト)
新人事制度「WAA」(Work from Anywhere and Anytime)の導入を発表しましたが、生産性とワークライフバランスの向上をはかるもので、働く場所・時間を社員が自由に選べる制度となっています。しかしながら、自由である分自己管理が強く求められるのではないでしょうか。

単純に働き易い環境を作り出すのではなく、社員が常に最高のパフォーマンスを出せるような形態をとり続けています。近年では多様性(Diversity)が企業に求められています。多様な立場、状況においてとって最適な勤務形態を常に模索しているといっても過言ではありません。企業が最高のパフォーマンスを出せる環境をあたるからには、社員はそれに応える必要となります。求められる結果は高くなり厳しい環境となりますが、だからこそ成長できる環境にもなるのではないでしょうか。

外資系企業についてもっと知る

転職のご相談、求人への応募・問合せには、まず無料登録をお願いいたします。 業界に特化したコンサルタントが転職のサポートをさせて頂きます。無料登録
  • 無料登録

求人検索

  • 管理部門の転職情報
  • ISSコンサルティング採用情報
  • オンライン登録

このページの先頭へ

厚生労働大臣許可番号
人材紹介業 13-ユ-301504

プライバシー Globalsign SSL Site Seal

Arrow