CONSULTANTコンサルタント

製造業界チーム

KENTRO
UEDA
上田 健太郎

経歴

大学卒業後、日系大手化学メーカーで営業・マーケティング・事業企画を15年経験。メーカー勤務時は自動車業界、インフラ業界、電気電子業界等の営業を歴任。メーカーでの経験を活かして、現在も製造業界企業を担当しています。

得意分野・強み

出身である化学メーカーで、自動車業界、インフラ業界、電気電子業界等をメーカー営業として担当していたので幅広い業界知識をもっています。
また、マーケティング・企画職として、経理・法務・SCM等のバックオフィス部門とも一緒に仕事を進めてきたため、多様な職種の転職希望者の方と同じ目線でサポートができると思います。

外資系製造業界の業界転職事情とステップアップ

キャリアの軸(強み)を持つことと、周囲を巻き込む力が必要

外資系メーカーといっても業界や会社規模、組織形態はさまざまです。日本に工場や研究所を置いている歴史のある企業から、グローバルでは大規模でも日本法人は販売拠点のみであったり、立ち上げ間もないスタートアップフェーズの企業まで。同じ職種でも、企業によって求められるスキルや経験できる職務内容に違いがあります。
製造業界でのステップアップにはキャリアの軸(強み)を持つことと、周囲を巻き込む力が必要だと考えています。
また、日系企業ではピラミッド組織の中で上位職を目指していくことがステップアップと考えられることが多いと思いますが、Cross Functionalな組織が多い外資系企業では、必ずしも多くの部下を持つことがステップアップとはいえません。
Independent Contributorとしてのチームは持たずに、ローカル・グローバル関係者と連携し、巻き込みながらプロジェクトを進めていくというようなポジションも多くあります。変化のスピードが高まる中「強みをもつこと」「周囲を巻き込めること」が今後より重要になってくると思います。

製造業界での経験を活かしたコンサルティング

業界・職種の理解、書類以外の重要情報こそ大切に

前職では化学メーカーで素材製品の営業・マーケティングに携わっていました。幅広い業界のメーカーを顧客に持ち、また社内の研究・製造・管理部門といったさまざまな職種の人とも仕事をしてきました。
製造業界といっても裾野が広いので、それぞれの業界の特徴や職種の特徴を理解した上で、転職希望者の皆様と近い目線でキャリアのご相談に乗らせていただいています。
単なる企業と転職希望者のマッチングではなく、企業側が「何を求めているのか、そのポジションの役割は何なのか」 転職希望者の方が 「何をしたいのか、将来キャリアをどのように考えているのか」といった、Job Descriptionや職務経歴書を見るだけでは必ずしも分からない点をヒアリング、コンサルティングすることを心がけています。

転職のご相談、求人への応募・お問い合わせには、
まず無料登録をお願いします。

業界専門のコンサルタントが転職をサポート 無料登録はこちら

コンサルタントトップへ

転職のご相談、求人応募・お問い合わせには、
まず無料登録をお願いします。

オンライン登録

Arrow