SPECIAL
スペシャル

転職ノウハウ

転職活動に役立つノウハウをご紹介

外資系転職事情

30代の外資系転職事例・事情

転職に関するQ&A

一口に30代といっても30代前半、30代半ば、30代後半で転職事情は変わりますし、業界/業種/会社によって違いも出てきます。ご本人の志向性も関係してきますが、ここではキャリアアップに主眼をおいてみます。
30代前半の方であれば、まだポテンシャルでの転職が可能なこともあり、30代後半、40代に向け、キャリアを確立させるために転職される方も多くいらっしゃいます。外資系企業は「成長曲線が急速に上がる」と言われます。それは30代前半で築いた経験を元に、30代半ばから後半にかけてマネージャーや、グローバルリーダーとして一気に成長することが出来るからです。このようなスピード感を求めて転職される方も多くいらっしゃいます。

30代半ばの方は、成長曲線の上がり方が見えてきていますので、責任範囲も広がり、短期間で成果を求められます。自分がその曲線に乗りたいのか、乗っているのか、その仕事をしていると乗れるのか、まったく外れているなら乗れる方法は何があるのか、など自分の状況をしっかりと見極めることが重要です。キャリアアップをするために転職が必要かどうかを考え、転職を選択される方も多くいらっしゃいます。30代半ばでの選択はその後のキャリアにとって重要なポイントとなります。

30代後半の方になると、組織をリードできるか、変化を起こせるのかなどが重要になってきます。当然仕事の責任は重くなり、マネージャーや、グローバルリーダーとして活躍をしているか、もしくは活躍の一歩前まで来ている状態です。企業はそういう方を30代前半から後半にかけてリードできる人材に育成するため、海外への転勤や、責任のある仕事を任せるなどの取り組みをしています。自分が今どのステージにいるのかを把握し、その後のプロモーション(昇進)のイメージをしっかり持って転職をする方が多く見られます。30代後半では企業のリードに合わせ、マネージャーやグローバルリーダーとして活躍し、40代で更なる経験の広がりを求めて転職をする方もいらっしゃいます。ご自身のやりたいことや、その先に見えているキャリアが望むものではないこともあります。そういう方は30代後半でももっとご自身が活躍できる場や、やりたいことを求めて転職活動をされます。

1. 外資系企業転職のメリット、デメリット

外資系企業と日系企業、それぞれ出身企業からの転職におけるメリット、デメリットを見てみます。

外資系企業から外資系企業への転職

メリット

外資系企業に在籍している方が外資系企業に転職する場合、自分自身の「キャリアパス」を考え、それに必要な経験を積むために転職をすることが多く見られます。
20代では何となく外資系にいきたい、年収を上げたいという「短期的な視点」が理由で活動をする方がよく見られますが、30代になると、自分自身の「キャリアパス」を実現するためにもっと○○ができる環境を探している、○○の業務に特化したポジションを経験したい、マネージメントができる環境を希望しているなどという「中長期的な視点」を持って活動をされる方が多くなります。
外資系企業の特徴でもある「スペシャリスト」として経験を積むには、転職をしてプロモーションしていくことが近道としての一つの選択肢となります。そのため、新しい環境にチャレンジすることで経験に深みと幅が広がる、プロモーションできる、年収が上がる、などが考えられます。

デメリット

経験社数が増えることが挙げられます。勿論、社数が多すぎるのは外資系企業への転職でもマイナス要素となりえます。最近の傾向では40代で経験社数が4-5社の方も多くいらっしゃいますが、転職理由が明確であり、それぞれの企業でしっかりと実績を残していれば、逆にメリットとなります。
転職活動を行う際には、経験が散漫になったり、逆戻りしたりすることは良策ではありません。常に「キャリアのストーリー」を意識することが必要です。

日系企業から外資系企業への転職

メリット

「スペシャリスト」としてのキャリアが積める、年収が上がる、自分自身の考える「キャリアパス」につながるキャリアを歩むことが出来る、などがあります。また、企業文化も外資系企業の方が実力主義で自由があり、個人の裁量で動ける範囲が広がるなどチャレンジできる環境が整っていますから、大きく成長をする良い機会となります。また、「外資系企業は時間軸が早い」とよく聞きます。日系企業に比べてプロモーションも早いので、自分が描いたキャリアパスを早く実現できるのもメリットの一つになります。

デメリット

雇用の安定性が一番に挙げられます。多くの日系企業にはまだ終身雇用制度が残っており、福利厚生なども充実しています。大手企業になればなるほど、その傾向は強くなります。30代、40代になれば給与も上がってきていますので、実力のみで同等のものを得られるかという不安を感じるケースもあります。
チャレンジをして経験を積み実力を付け、何かあっても対応できる人材を目指していける方には外資系企業への転職があっているでしょう。

2.どのような転職が可能か

事例1

30代半ば

  • 外資系企業 / シニアファイナンシャルアナリスト

  • 外資系企業 / 事業部コントローラー

  • 前職ではシニアファイナンシャルアナリスト(FP&A)として会社、部門からも高く評価されてきたものの、業務の一部がグローバルに移行されるなど業務の幅が狭まること、フラット組織でまだ数年プロモーションが難しいことがきっかけで転職活動開始。
  • ISSコンサルティングでは本人の希望に沿い事業部長などの「ビジネスリーダーに近い」環境と、結果を出せばマネージャーポジションへのプロモーションができる環境を提案。
  • しっかりとしたFP&A経験をベースに持ち、高いコミュニケーション能力と組織とのフィット感を評価され、事業部コントローラーとしてオファー。
  • 会社と組織に慣れた1年後を目安にマネージャー昇格も期待されている。
事例2

30代前半

  • 日系企業 / 薬事スペシャリスト

  • 外資系企業 / 薬事スペシャリスト

  • 前職では臨床開発から薬事に異動し、トータル10年程勤務。会社からは評価していると言われながらも男性社員の方が優遇され、昇格も昇給も据え置き。だが業務内容に対する満足度は高いため、もっとグローバルな環境で、実力を正しく評価してくれる環境を希望して転職活動を開始。
  • ISSコンサルティングでは本人の希望に沿う、若手がのびのびと活躍できる環境があり、人材育成に長けており、日系企業からも転職者が多い企業を提案。
  • 薬事としてのベースの経験は評価できるものの、日系企業の細分化された中で仕事をしてきたため、キャッチアップには少し時間を要すると評価される。しかし、ポテンシャルの高さと「その会社でキャリアを作っていきたい」という強い想いが先方に届きオファー。

3.年収に関して

ISSコンサルティングでは700万円から1500万円の案件を中心に扱っていますので、年収も同様になりますが、一番多いレンジは700万円から1000万円になります。
基本的には前年の年収と同程度でご入社を頂き、実績を出し、次年度その企業のテーブルに乗って昇給していくケースが多いです。昇給に関しては成果に対するインセンティブ制度がしっかりしている企業が多く、日系企業よりも成果に対する評価が大きい部分があるので、実績次第で上がり幅も大きくなります。 実際に30代前半で700万円位の年収でご入社され、プロモーションした結果2、3年後には1000万円を越えている方もいらっしゃいます。

4.30代の方の転職に向けたアドバイス

転職活動を行う際には、経験が散漫になったり、逆戻りしたりすることは良策ではありません。ご自身が作った「キャリアのストーリー」を実現できるように行動することが必要です。
自分は何ができるのか、何をしたいのか、そのためには今何が足りていて何が足りないのかなどを見つめなおすことがスタートになります。
自分自身で考えられる方もいると思いますが、まだまだ固まっていない/整理できていないときにはISSコンサルティングがキャリアのパートナーとして一緒に考えていきます。

5.転職を成功させるためのポイント

企業のホームページには企業情報、オープンポジション、選考プロセスなどの詳細が掲載されています。
また、その企業の口コミなどもインターネットで少し調べれば、いい話からネガティブな話まで入手することができます。同時に紹介会社や転職サイトも数多く、情報過多となり「何が事実なのか」わからなくなることも多いのではないでしょうか。
転職を成功させるためのポイントは、「最新、且つ、正しい情報を入手すること」です。口コミサイトの情報も、知人から聞いたという情報も、事実かもしれません。しかし、会社はマネージメントや組織が変われば、数年で大きく変化します。以前は「出入りの激しい会社」と言われていた企業が、ここ数年は多くの方が転職を希望する会社になることもありますし、逆のケースもあります。主観的な情報と客観的な情報の双方を収集したうえで、判断することが重要です。
ISSコンサルティングは業界出身のコンサルタントが、クライアントとのリレーションの中からしっかりと情報を蓄積、精査の上、最新の客観的情報を提供しています。ご自身で集められた情報とあわせて適確な判断をしていただけるようサポートをしています。

6.30代の方に向けたISSコンサルティングのサポート

30代の転職は、マネージャー、エグゼクティブポジションを目指し、経験を積むための重要なステップとなります。ISSコンサルティングではその場だけの転職のサポートではなく、長いお付き合いを通じて、トータルキャリアの構築においてお役に立てるサポートを提供させていただきます。
キャリアについてお考えになる際には是非ご相談ください。

7.30代の転職に適した求人一例

キャリアパス、年収などから見て30代の転職に適した求人を掲載しています。
一例となりますが、ご興味をお持ちの求人がございましたら是非ご応募ください。
その他にも多数案件がございますので、ご登録頂きましたら随時ご紹介させていただきます。

転職のご相談、求人応募・お問い合わせには、
まず無料登録をお願いします。

オンライン登録

Arrow